理科ハウスの想い事業案内館内ツアースケジュールショップ日記交通案内お問い合わせリンク

理科ハウスで起こるさまざまなできごと。

過去の日記はこちらで読むことができます→2020/2019/2018/2017/2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007

--------------------------------------------------------------------------

2021年1月19日(木) (NO.994)


成長しました


我慢の日々が続いています。

昨年の緊急事態宣言のときよりも緊張感を持って過ごしています。

来たるべき日のために、新しい展示制作に取り組んでいます。


思えば1年前も、さまざまなことに取り組んでいたのでした。

その一つが、ミョウバンの結晶づくりです。

2019年12月から育て始めて、2020年1月頃には2㎝ぐらいまで大きくなりました。

5月には5㎝になったと大喜びしました。

2020年5月21日(NO.958)

そして1年たった今でも結晶は黙々と成長しています。


りっぱに育った結晶を見てください。

なんと、10㎝になりました。


この1年がけっして無駄ではなかったことをこの結晶が語っています。

今まで人が大きく育てた結晶を見たことはありますが、自分では作ったことがなかったのです。

結晶作りのコツがわかってきました。


みなさんが作った結晶も大きくなっています。

早くみなさんに見せたいです!

理科ハウス 山浦安曇

--------------------------------------------------------------------------

2021年1月13日(水) (NO.993)


休館ですが・・・


エントランスの展示を新しくしました。

室内にあった「三浦半島の地層」をずらりと並べてみました。

葉山層群から関東ローム層まで、年代順に一度に見れるのが魅力です。


また、「池子の森自然情報」ボードも人知れず更新しています。

今は、エノキの実をついばむイカルやシメ、なわばりを見張るモズなどが見所です。

池子の森におでかけになるときの参考にしてください。

もちろんこんな状況下ですから、集まって行かないでくださいね。


これらのボードは外からも見れますので、理科ハウスの前を通りかかったらのぞいてみてください。

理科ハウス 山浦安曇

--------------------------------------------------------------------------

2021年1月8日(金) (NO.992)


臨時休館のお知らせ


とうとう神奈川県に緊急事態宣言が出ました。

残念ですが、宣言が解除になるまで臨時休館します。

大きな施設で人との距離が確保できるならば開館しても大丈夫かもしれませんが、

理科ハウスは開館すると人と人の距離が近く、すぐに密になってしまうのです。

そこで人数制限をしていたのですが、ここまでくるとそれも厳しい状況です。

理科談義ができないのはつらいですが、

これは感染か広がるのを早く防ぐための方法ですから仕方ありません。

休館中でもホームページは更新して身近な出来事を報告します。

読んでいただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

理科ハウス 森裕美子

まぼろしとなってしまったお正月イベント

--------------------------------------------------------------------------

2021年1月3日(日) (NO.991)


明けましておめでとうございます



神奈川県では、感染拡大がおさまらず、波瀾万丈の年明けとなりました。

科学館にとって苦難の日々がまだ続きそうです。

毎年やっていたプラネタリウムは換気が難しいので、残念ですができそうにありません。

そこで、別の企画展や展示を考えています。

状況によっては臨時休館も増えてしまうかもしれませんが、

理科ハウスが消えることは当分はありません。

自分の健康を守ると共に、みなさんのご健康をお祈りしております。

理科ハウス 森裕美子

--------------------------------------------------------------------------

    著作権とリンクについて