トップページ理科ハウスの想い事業案内館内ツアースケジュールショップ日記交通案内お問い合わせリンク

理科ハウスの周辺で起こるさまざまなできごと。

過去の日記はこちらで読むことができます→2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月21日(日) (NO.752)


スパイダーウォッチング in 池子の森

クモの観察会なんて人が集まるの?なんて心配はまったくの杞憂でした!

クモですって?なんだかおもしろそう!と好奇心旺盛な生きもの好きが次々に集まり、予想以上ににぎやかな観察会となりました。

今回、指導をしてくださる田中和徳さんは地元池子にお住まい。

いつも理科ハウスに生きものを持ってきて、その場で解説してくれる逗子の生きもの博士です。

今回は、秋山玲美さんも同行してくださいました。

  

「今日は2時間でどれぐらいの種類のクモが見つかると思いますか?予想してみましょう」と田中さん。

といってもねえ、クモを見分けたことがないので、見当もつきません。

ところが、

スタートしていきなり、「ここにいる!」「こっちにも!早く来て」と参加者からどんどん声がかかります。


建物の壁に張られた不規則な網。

オオヒメグモです。

卵のうも見つかりました。(阿部昌浩氏 撮影↓)

 


間髪入れず、Kくんが次のクモを発見。 

 

カグヤヒメグモです。なんて美しい名前なんでしょう。

こちらは、木の股に網をはるタイプ。

オオヒメグモもカグヤヒメグモも同じヒメグモのなかまでそっくりなのに、網をはる場所には強いこだわりがあるんですね。

はやくもクモの世界の奥深さを見せつけられました。


「うわ! すごくいっぱいいる」

 

トイレのコンクリートの上を走り回っているのは、シラヒゲハエトリです。

こちらは網を張らず、えものを追いかけるタイプ。

そしてトイレの裏手にコモリグモのなかま。白い卵のうをつけています。

(阿部昌浩氏 撮影↓)

 

観察していたら、中からコグモがわさわさ出てきました。 

コモリグモは、メスが背中にコグモをびっしりしょって移動します。

メスとオスの違いは、触肢の形、そして体の大きさ。

小さいのがオス、大きいのがメスです。


集合場所からトンネルの前まで10メートルほどしかないのに、すでに40分もたっています。

そうか、クモってどこにでもいるのに、今まで見えていなかったんですね。

ようやくトンネルをくぐって森の中へ。

ところが、トンネルの中でもクモ発見! ほんとうにどこでもいるんだなあ。

 

やっとトンネルを抜けました(ここまでで1時間)。

林縁部では、環境ががらりと変わり、いろいろな形に張られたクモ網が見つかります。

 

地面に水平に網を張るカタハリウズグモ

垂直に網を張るギンメッキゴミグモ

それぞれの網に、それぞれの作戦。待ちかまえ方にもいろいろある。

こんな狭い空間の中でも、しっかり棲み分けをしているんですね。


垂直に張られた網の中央にぶら下がった枯れ葉がぶらさがっています。

網に枯れ葉がひっかかったのでしょうか。

そうではありません。

枯れ葉の中をのぞくと、

 

オレンジ色のクモと目が合いました!  (阿部昌浩氏 撮影↑)

円網の中心に枯葉の家をつくり、その中に潜んで生きものが引っかかるのを待つハツリグモです。

もう網自体が芸術作品ですね。(フェンスの中には、逗子市緑政課の許可を得て入っています)


さらに谷戸の奥に進み、明るい草地でウォッチしているとヤリグモを発見。

他のクモの網に侵入して、網の主を食べちゃうクモ食いタイプ。なんておそろしい。

 

田中さんが「こっちへ数人ずつ来てごらん」と連れて行ってくれたのは、

 

暗く湿った崖地。えっ、こんなところにいるの?  (阿部昌浩氏 撮影↑)

 

田中さんがピンセットの先で崖の表面をそっとつまむと、扉が「ひらけごま」みたいに開いて、ぽっかり穴が!

カネコトタテグモの巣です。

崖に穴を掘り、扉も作ってその中で待ちかまえ、小さな生き物が外を通ると、扉を開けてとびかかってくるんだって。

いったいどれぐらい待つんだろうね。


でも、クモがいるということは、明らかに獲物となる生き物がそこにいるということ。

クモの存在は、私たちには見えない生きものどうしのつながりを教えてくれます。

今回観察したクモは2時間で16~18種

短い時間の中で、こんなに豊かなクモの暮らしぶりに出会えるなんて、予想もしていませんでした。


もっとクモのことを語りたいっということで、終了後、希望者のみ理科ハウスに戻って

ゆったりティータイム。

 

自己紹介したり、図鑑を見たり、生きもの談義で盛り上がりました。

今日見たクモを図鑑で復習するのも楽しいですね。

クモの正確な同定は、交尾器で判断するって田中さんが言っていたけど、本当だ!

図鑑には、それぞれの種に交尾器の画像がちゃんと掲載されています。


まだこれからの季節、トリノフンダマシも出てくるし、ジョロウグモも出てくるし、クモ観察会Part2をやりたいですね。

この日のために、何回も現地で下見をし準備をしてくださった田中和徳さん秋山玲美さん、本当にありがとうございました。

また、本イベントを後援してくださった逗子市教育委員会

公園使用につきご協力くださった環境都市部緑政課にお礼申し上げます。

(今回観察したクモのリストは理科ハウスにあります)

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月17日(水) (NO.751)


研究者、あらわる!

日記(NO.747)で紹介した化石堀り体験。

掘れば掘るほど、何の化石がわからないものが出てきてもやもやしていたところ、

しおさい博物館の倉持卓司先生が、見にきてくださいました!

ほんの数ミリ大しか残っていないのに、「これは、サンゴの化石」「これは、フジツボの後板」と次から次へと鑑定。

なんでこれだけでわかるの?すごすぎる!


化石堀り作業をしていると、ふとこんな疑問が出てきました。

なぜ、バラバラの状態で化石が出てくるのか。

比較的大きい石英が混じっているのはなぜなのか。

倉持先生は、これらの化石を含む砂やレキが、水深の浅い海から深い海にむかって、激しく流れ込み圧力を受けたからと話してくれました。


600万年前、海底で起こった激しい地殻変動が、岩に刻まれているのです。

まさに太古からの手紙を読む気分ですね。

研究者である倉持先生が快く指導してくださったおかげで、世界がグーンと広がりました。

倉持先生、ありがとうございます。

理科ハウス 山浦安曇

  

  ナゾの生きもの、腕足類の体のつくりについて、中学生に解説する倉持先生。

  この日は、生痕化石も見つかりました。

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月16日(火) (NO.750)


みなさまに支えられて

今日は来館してくれた方たちが次々と

「お誕生日おめでとうございます」

と声をかけてくれました。

そしてお祝いや、お花をいただきました。

なんて理科ハウスは幸せ者なんでしょう!

本当にありがとうございます。

心から感謝です。

10年目の一年が濃い時間となりますように頑張ります!

理科ハウス 森裕美子

  


 

お菓子を持ってきてくれた人も!開館当時からずっと理科ハウスを支えてくださっています。

感謝!

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月16日(火) (NO.749)


9歳の誕生日

Happy anniversary!

今日は理科ハウスの9歳のお誕生日です。


過去を振り返り今と比べる、なんて私はあまりしないのですが

今日だけは振り返ってみたいと思います。


9年前に理科ハウスをオープンした時、「10年続けるのが目標」だったわけです。

その目標もあと一年というところまでやってきました。

やりたいことはいっぱいありました。


その1 小さな予算でもできる科学館の実現

その2 物理学者・石原純の資料がここにあるという周知

大きな柱はこのふたつでした。


理科ハウスを始めるときに存在していた小さな科学館は、川崎にある「発見工房クリエイト」でした。

他にもあったかもしれませんが、私は知りません。


平成13年度から地域科学館連携支援事業(委員長は永山國昭先生) の委員を6年間やりました。

地域の学校と科学館をつなごうという事業でした。

学校も科学館も予算がなくて困っていることを知りました。

全国の科学館にはすごい学芸員さんがおられることも知りました。

でも、この6年間で「なんか違うなあ」という思いは大きくなっていたかもしれません。

科学館がなぜかぜんぜん身近ではないのです。


原因は

その1 遠くにある

その2 正しい使い方を知らない


だから毎日行ける科学館があったら理科好きにはたまらないでしょう!

だって、知りたいことは山のようにあるんですから。


大きな柱のふたつめは私のミッションでした。

まだまだ資料の整理が充分ではありませんが、科学史の先生方や歌人の方々とのつながりができました。

これは大きな財産となりました。


理科ハウスを今後もずっとずーっと続けるにはいくつかの課題があります。

その1 予算が足りない

その2 スタッフの高齢化


寄付を申し出てくださる方がいて、予算のほうは少し希望が出てきました。

高齢化は知恵と工夫でやりくりするしかないと考えます。

そんなにしてまで続けなくてもいいよという声も聞こえてきそうですね。


9歳の誕生日に10歳になったときの心配事を書いてみました。

来年の今頃はどんなことを考えているでしょう!

理科ハウス 森裕美子

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月13日(土) (NO.748)


葉っぱのゆりかご

今日は、生きものに詳しい田中和徳さんが、エゴノキの枝を持ってきてくれました。

よく見ると、あれっ?葉っぱが丸まってる。

ここにも、あそこにも。

これはエゴノキの葉を巻いて、中に卵を産むオトシブミのしわざです。


ということは、このくるりんと巻かれた葉っぱの中には卵があるの?

そおーっと葉っぱを広げてみると、

ありました!つやっつやの黄色いたまごがひとつ。

たまごの透明感からして、まだ産んだばかりだろうとのこと。

たまごから孵化すると、幼虫は葉っぱを食べて中で大きくなります。

わあ、楽しみだなあ。

しばらく理科ハウスで観察することにしました。


オトシブミは、「相手に拾わせるように通り道にわざと落としておくラブレター」、という意味があるように、

ふつう、成虫は卵を産んだ後、葉っぱを落としますが、これは葉っぱを枝につけたままにしておくタイプ。

それにしても、よくもまあこんなにきちっと折り曲げることができるもんだ。

私も、葉っぱで真似して折ってみようかな。

理科ハウス 山浦安曇

エゴツルクビオトシブミのゆりかご 

葉っぱをそーっと開けてみると・・・ドキドキ

今の時期だけしか見れないオトシブミ。この枝のなかに20個もついています。

田中さん、いつも季節の風を理科ハウスに運んでくださりありがとうございます。

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月11日(水) (NO.747)


18時間、ついに!

4月から設置した「化石堀り体験」コーナーは、大人気。

自分で掘った化石は持ち帰ることができるため、みんな必死で取り組んでいます。

ところが、そんなにうまく化石はでてきません。

しかも、化石はほとんどが砕かれた状態で出てくるので、なんの一部なのかもよくわからないのですが、

それを顕微鏡でのぞいてみると、美しい模様やラインが浮かび上がってきて、

明らかに生物の体の一部であることがわかり、心ときめきます!


これまで出てきた化石は、

単体サンゴ、二枚貝のなかま、巻貝のなかま、ウニのトゲ、フジツボ、腕足類、コケムシなど。

その中でもみんなの一番のおめあては、「サメの歯」です。

しかし、これまで出てきたサメの歯はたったの3つ。

一日掘って、1つでるかでないかぐらいのレアものです。


Kくんは、なんとしてでも自分の手でサメの歯を掘り当てたい一心で、ずっと掘り続けました。

そしてあきらめかけていたそのとき、ついに「あった~!」。

それがこちら。


取り組んだ時間、のべ18時間。

よく、途中で放り出さなかったと思います。

この18時間はけっして無駄な時間ではありません。

その間にKくんはほとんどの種を同定できるまでになっていたのです。

先が見えない状況の時も、熱い気持ちを持ち続けてやり遂げる根性。

ほんとうにすごいと思いました。

私も見習わねば。

みなさんも、サメの歯を探してみませんか。

必要なのは、時間と熱意です。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月9日(火) (NO.746)


大学生と理科教育法

大学生ふたりが、理科教育法で出題された課題を持ってやってきました。

テーマは、光と影のある現象について、仮説を立て実験によって検証を行うというもの(詳しくは控えます)。

早速みんなで実験をやってみることにしました。。

あーでもない、こーでもない、こうやってみたら? うまくいかないねえ、なんでだろう、じゃあこうすればいいんじゃない?

じっくり観察し、仮説を立て、実験で検証し、考察する。

考えるカラス」(NHK Eテレの番組)のようでいいですね~。

答えが用意されていない課題に取り組むのは、とても刺激的、わくわくします。


ネットで検索すれば、簡単に答えが出てくるのでしょうけれど、

科学に関する情報の場合、まちがった見解も多く含まれているので、丸のみはとても危険。

実際にやってみて、自分の頭で考えるのが一番ですね。

そして、問題を整理し、信頼できる先生と一緒に考える。

よく考えてみたら、理科ハウスがいつもやっているやり方なのでした。

今日は、大学生ととても充実した時間を過ごせて楽しかったなあ。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年5月5日(金) (NO.745)


湘南国際村フェスティバルに出展


湘南国際村フェスティバル、5月3日~5日までの3日とも五月晴れでたくさんの方に来ていただくことができました。

今年のワークショップは「まぜまぜしてカラフルスライムを作ろう」でした。


予想以上の大人気で受付時間前から並んで待ってくださる方の列ができました。

こんなことはいままでになかったことなので、初回はバタバタしてしまいました。

2回目からはお待たせしないように、時間を区切ってなんとか対応。


そこへ救世主のように現れたのが、中学生のIくん。

急きょ、お手伝いしてもらうことに。

手際よくてきぱきと動いてくれて本当に助かりました!

Iくんありがとう。


定員オーバーでできなかった人のために、

スライムの材料の販売もしていたのですが、それもすぐに完売になってしまいました。

スライムを作ってみたい方は理科ハウスのショップで材料を販売しておりますのでご利用ください。


ショップの売り上げも順調でした。

たくさんの方に買っていただき本当にありがとうございました。

今後の理科ハウス存続のための資金とさせていただきます。

理科ハウス 森裕美子

      「納豆みたいに、まぜまぜしてね!」

---------------------------------------------------------------------------------

2017年4月30日(日) (NO.744)


一家に一枚ポスター2017「細胞」を手に入れよう!


毎年、科学技術に関する知識を伝えることを目的として、文部科学省が発行している一家に1枚ポスター、

今年のテーマは「細胞」です。

約38億年前に誕生した最初の生物から現在の多様な生物までどのようにつながっているのかを一望することができるすぐれもの。

しかも、このポスターに書かれていることは、理科ハウスの館内のあちこちの展示━細胞トイレや生物分類フロア、地球の歴史ゴムなど━とリンクしているので、

ひととおり遊んだあと、ポスターで確認することができてとっても便利~。


一家に一枚ポスターは、今年から理科ハウスも正式に配布館となりましたので、

ご希望の方に差し上げています。

ただし、

クイズに参加してくれた人のみ。


おうちの目立つところに貼ってながめれば、自分も地球上の生物の一員であることを実感できますよ。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年4月26日(水) (NO.743)


池子の森の自然情報更新!


池子の森では、ニリンソウが満開、

オオルリもさえずりを始めました。


昨年3月19日の池子の森自然公園のオープン以来、久木在住の藤島くんが休みなく鳥類調査を続けてくれたおかげで

1年分のデータがそろいました。


残念なことに、藤島家はこの春、茨城県にお引越し。

しかし、この膨大なデータを将来の池子の自然保護のために活かすべく、山浦が調査を引き継ぐことにいたしました。

藤島くんほどまめに調査できるかどうかわかりませんが、できるかぎり継続したいと考えています(三日坊主にならないようここに書いておきます!)。


これまでは藤島くんから調査結果をみせてもらうばかりだったのですが、

自分の足で歩くようになると、生きもののしたたかな暮らしぶりが見えてきます。


ホオジロはどの木でさえずるのが好きか、

ハシボソガラスの大胆な狩り、

シュレーゲルアオガエルの居場所、

ツマキチョウに出会える谷戸など。

そして1週間たつと、植物も動物もがらりと様相を変えているのですから、目が離せません。


理科ハウスの「池子の森自然情報」コーナーでは

そんな池子の森の生き物たちの生き生きとした暮らしを紹介しています。

池子の森に行かれたら、どんな生き物に出会えたかぜひご紹介ください。

みなさまの情報をお待ちしています。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年4月20日(木) (NO.742)


2017年春の理科ハウス、リニューアルしてスタート!


大変長らくお待たせしました!

ドームを解体し、科学体験コーナーを一新しました。

化石堀り体験あり

生きもののウンチあり

ふりこの大科学実験あり

と楽しさいっぱいです。


初日には早速、中学生が立ち寄ってくれました。

2日めには大学生も。

実験や観察を通して、

「どうしてこうなるの?」

「どうやったらいいのか?」

「もっと知りたい!」

そんなみんなの疑問を、ぐーんと広げていきたいと考えています。

みなさまのご来館をお待ちしています。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年4月10日(月) (NO.741)


星の王子さまから宇宙背景放射まで


6週にわたり活躍してくれたドームを、本日解体しました。


毎度のことながら、すごく寂しいです。

が、ドームの中で生まれたたくさんの宇宙対話を思い起こすと、充実感でいっぱいです。


同時開催の「宇宙と文学展」では、たくさんの宇宙本を紹介し、

みなさんに手にとっていただきました。

時には文学談義することもありました。

「この本に感銘を受けました」」(星界の報告)、「大人になってから読むと、心に響くのよね~」(星の王子さま)など、

物語の向こうには、ひとりひとりの宇宙が広がっていました。

科学館なのに、そんな話で盛り上がっちゃうところが理科ハウスらしいなあ。


プラネタリウムのトークに合わせて、実験もたくさん行いました。

クレーターを作る実験、

小惑星探し、

宇宙飛行士選抜試験体験、

宇宙背景放射を電波で聞く体験も!


その場にいる方たちで、地球の成り立ちについて議論し、宇宙開発の未来について熱く語りあったりもしました。

宇宙」は、私たちはどこからきたのか、これからどこへ向かっていくのか、

を考える本質的な「問い」なのだと思います。


プラネタリウムも、ギリシャ神話あり、朗読あり、最新天文ニュースありとさまざまな切り口で展開しました。

おかげさまで幅広い世代の方に体験していただくことができました。

小学生はもちろんですが、中高生、大学生、大人が多かったです。

「科学館は子どもばかりと思っていたけど、ここは違うんですね」と驚かれている方もいました。


中には「来週のお話も聞きにこなくちゃ!」と何回も訪れる方もいて、

みなさんが理科ハウスを「地域の学びの場」として利用してくださっていることが実感できました。


そして、なによりも嬉しいのは、

みんなの疑問」が増えたこと!

学びの先には、疑問が。そしてまた次の疑問が! これぞ究理の探究です。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年4月9日(日) (NO.740)


宇宙と文学とプラネタリウムと


本日で「宇宙と文学展」は終了です。

昨日と今日はたくさんの方に来ていただけたので、プラネタリウム解説も臨時に増やすほどの盛況でした。

ご来場、本当にありがとうございました。


今年のプラネタリウムはたくさんすぎるほどのプログラムを立ててしまいましたが、なんとか無事に終えることができました。

宇宙と芸術展」(@森美術館)を見たのがきっかけとなって企画した「宇宙と文学展」はいかがだったでしょうか。

屋上に上がる階段の途中で、本に読みふけっている人が多かったのがとても印象的でした。


「星の王子さま」に出てくる小さな星B612が本物の小惑星に名づけられたり、

「ろけっとこざる」の本が出版された後には、本当にサルが宇宙に行っていたり。

文学の中のお話が現実とつながっているのを知るとなんか楽しくなりますね。

探せばまだまだあるでしょう。

みなさんも何か見つけたら教えてくださいね。

来年の展示に生かしたいと思います。


企画展を盛り上げてくださった成瀬さん、泉さん、かわいさん、梅本さん、ありがとうございました。


理科ハウスは展示入れ替えのためしばらくお休みです。

次の開館日は4月19日です。

新しい展示を楽しみにしていてくださいね。

理科ハウス 森裕美子

---------------------------------------------------------------------------------

2017年4月2日(日) (NO.739)


星座に秘められたギリシャ神話


先週の土曜日に続き、プラネタリウムプランナーのかわいじゅんこさんに来ていただきました。

星を見ながらのギリシャ神話はいかがだったでしょうか。

私はドームの外でこっそりと聞いていたのですが、

「神の子と人間の子を同時に身ごもって、」とか、

「監禁されてしまいました。」とか聞こえてきます。

・・・理不尽な悲しい話が多いやん。

現実の古代ギリシャの暮らしもつらいことが多かったのかもしれないですね。


星を見ながら空想する、そんなひとときをたっぷりと味わいました。

申込者多数のため3回も上演してもらい、どれも違うお話でした。

かわいさんの持ちネタはまだまだあるとのこと。

またぜひ来てもらいたいです。来年もよろしくお願いしまーす。

かわいさん、ありがとうございました!

理科ハウス 森裕美子

 

---------------------------------------------------------------------------------

2017年4月1日(土) (NO.738)


ベテルギウスはなぜ爆発しないのか


新年度が始まりました。

桜が寒さにびっくりするほど、今日は冷えていました。


みんながよく知っているオリオン座の一等星ベテルギウスは、

「もうすぐ爆発する」と言われ続けて、もう何年にもなります。

どうして爆発しないの? というのが今日のお話です


同じ疑問を持っていた方々が集まってくれました。

超新星爆発は星の最後の姿です。

これを調べるにはやはり「星の一生」について語らねばなりません。

なんと! 理科ハウスには「星の一生」がよくわかる巻物があるのでした。


今私達が見ているベテルギウスはその寿命のうちのどこなのでしょう。

それがわかればいつ爆発するかもわかりますね。

さあ、なぜまだ爆発していないのか・・・。

知りたい方はぜひ理科ハウスをお訪ねください。

理科ハウス 森裕美子

    

---------------------------------------------------------------------------------

2017年3月30日(木) (NO.737)


隕石は宇宙からの手紙



これは、『宇宙と文学展』の展示の一部。

手でぐりぐり触って、隕石はどれかをあてるコーナーです。

手先の感覚を鋭くすると、ひとつだけ触りなれない石があるはずです。

どれかな?


そんなさなか、青森県つがる市の畑で隕石が落ちた可能性がある穴が見つかったという報道が飛び込んできました。

なんというタイミングなのでしょう!

もちろん隕石が落ちたあとかどうかは、確定していませんが、

これからどんな調査が行われるのか、興味津々です!


ところが、

専門家の調査が行われる前に、隕石を見つけようと重機で掘ったとのニュース。

がーん!

クレーターそのものにもたくさんの情報が詰まっているのに。

クレーターの大きさ、深さ、飛び散り方などを丁寧に調べることによって、どのぐらいの大きさの隕石がどのぐらいの速度と角度で落ちてきたのかがわかるのです。

もう少しじっくり調査してもらいたかったなあ。


理科ハウスでは、クレーターの穴あけ実験もしています。

クレーターがただの穴ではないことが、よくわかります。

かつて、月の穴が火山によるものなのか、隕石がぶつかったあとなのか大論争があった時代がありました。

そのときの研究が、地学をぐーんと進歩させたのです。


畑の穴はもう埋まってしまったそうですが、今後の調査の結果を待ちましょう。

みなさんも、隕石を触って、宇宙からの手紙を読み解いてみませんか。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年3月25日(土) (NO.736)


「銀河鉄道の夜」を味わう


今日はスペシャルプログラム。

泉龍太さんとかわいじゅんこさんをゲストにお迎えして、いつもと違う理科ハウスプラネタリウムを味わっていただきました。


泉さんはテレビ番組「報道ステーション」にナレーターとして出演されています。

テレビで声を聴かれた方もいると思いますが、生で聞く声はまたいちだんと素敵です!

宮沢賢二の「銀河鉄道の夜」の一部を、暗闇ドームの中でしんしんと朗読してくださいました。

第一話の「午后の授業」の場面は、まるで教室の中にいるよう!

解説も付け加えながら、難解なストーリーをトークで軽快につないで、最後章まで連れていってくれました。

参加してくださった方から「もう一度読んでみたくなりました」と嬉しい感想をいただきましたよ。

かわいじゅんこさん「宙の学校」の校長先生として活躍中。

プラネタリウムプランナーとして、全国あちこち走り回っていらっしゃいますが、

理科ハウスでプラネタリウムをやるときには、毎年来てもらっているのです。

同じく宮沢賢二の「星めぐりの歌」銀河鉄道の夜にでてくる星座の解説をしてくれました。

「あかいめだまのさそり~」で始まる星めぐりの歌にはたくさんの星たちが登場します。

歌に合わせての星空散歩は素敵な時間でした。

しかも、二回目のお話の直後に、湘南ビーチFM「星空リビング」の生放送をするというおまけつき。

参加者全員で、声だけ出演しちゃいました!

お忙しいお二人に来ていただき、理科ハウスのプログラムが華やかなものになりました。

参加してくださったみなさま、そして泉さん&かわいさん、心から感謝申し上げます。

理科ハウス 森裕美子 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年3月19日(日) (NO.735)


宇宙と文学展



このポスターを見て、「あれ?どこかで見たことがあるなあ」と思った方。

さすがです!

そう、1月9日まで森美術館でやっていた「宇宙と芸術展」ですね~。

大評判だった「宇宙と芸術展」を見て、たくさんの刺激を受けた私たちは、すでに準備がすすんでいたプラネタリウムに合わせて、突如企画展をやろうということになりました。


「宇宙と文学展」

古今東西の書物の中に、宇宙はどのように表現されているのか。

天文学の進歩により、宇宙に関する記述はどのように変化してきたのか。

文学といっても、漫画から雑誌までなんでもアリです。


調べてみて興味深かったのは、天文学がいかにして進歩してきたのかという点。

昔の本に書かれている記述は、現在の科学からみると変だなあと思うものも多いのですが、当時の人たちの宇宙観が見えてきておもしろいです。

紹介した本は20冊。

その他にも、階段や壁のあちこちに宇宙関連の本を置いてあります。

お好きな場所に座り込んで、手に取ってご覧ください。


さらに、展示室のあちこちに、天文に関する実験を25コーナー設置しました。

たとえば、『星の王子さま』のところには、小惑星を探す体験、

『火星の人』のところには、火星体重計というように。

文学と科学の間を行ったり来たりしながら、宇宙を探検していただければと思います。

会期は、4月9日まで。プラネタリウムも同時開催していますので、一日遊べますよ。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年3月11日(土) (NO.734)


宇宙の疑問 なんでも答えます!


今日は国立天文台梅本智文(うめもとともふみ)さんが理科ハウスに来てくださいました!

梅本さんは電波望遠鏡を使って星の誕生のしくみを研究しています。

たくさんの質問を用意していたのでさっそく答えていただきました。


「電波望遠鏡で何をやってるの?」

「ブラックホールっていつか爆発するの?」

「宇宙でアミノ酸が見つかったってほんと?」

「人間はやがて恒星まで行けるようになるか?」

「局部銀河群の中心が天の川銀河とアンドロメダ銀河だというのは、どのようにしてわかったの?」

などなど。


いきなりの質問にもかかわらず、次々とわかりやすく説明してくれる梅本さん!

あっという間に時間が経っていました。

このあと直行で野辺山まで行かれるとのこと。

お忙しい中お時間をいただき本当にありがとうございました。


長野県にある国立天文台野辺山宇宙電波観測所は見学をすることもできます。

行ったら梅本さんに会えるかも!

http://www.nro.nao.ac.jp/

理科ハウス 森裕美子

     質問の回答は、理科ハウスの2Fで見ることができます

---------------------------------------------------------------------------------

2017年3月8日(水) (NO.733)


週替わりプラネタリウム 3週目に突入


今年のプラネタリウムは特別プログラムをたくさん用意しましたが、

週替わりでテーマを変えての解説も楽しんでいただいています。


「見ると長生きできるカノープスを探そう」

「見えない星をどうやって見る?」

に続いて今週は

もっと知りたい月のはなし」です。


ニュースではNASAや民間企業による月への有人飛行計画についてさかんに伝えています。

アポロ11号の月面着陸からもう48年も経ってしまいました。

また新たに月ブームがやってくるんでしょうか。


そんな、月に行ってみたい方のために、理科ハウスのプラネタリウムでは

MITAKA」をプロジェクターで写して宇宙たんけん気分に浸ることができるようにしています。

ぜひお試しください。

理科ハウス 森裕美子

---------------------------------------------------------------------------------

2017年3月5日(日) (NO.732)


天文学のはじまりのはじまり!


今、学芸員実習で理科ハウスに来ているTさんは考古学を研究している大学生。

人文系博物館の学芸員を目指して、大学院への進学を希望しています。

古代エジプトの歴史に特に詳しいTさんに、豊富な知識を生かし、古代エジプトと天文学のつながりについて展示を作ってもらいました。

テーマは、「天文学のはじまりのはじまり」。

天文学の起原は、暦(こよみ)をつくることからはじまったと考えられています。

古代の人々は、太陽や星々の観察によって、季節の移り変わりの周期を知っていました。

古代ギリシャの世界では、太陽や星々はどのようなものととらえられていたのでしょうか。

Tさんがみなさんを紀元前2000年前まで連れて行ってくれますよ。


理科ハウス 山浦安曇


古代エジプトの象形文字、ヒエログリフで自分の名前を書く方法を教えてもらいました

---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月26日(日) (NO.731)


感覚を研ぎ澄ませ! サイエンス イン ザ ダーク


日曜日の理科ハウスはとてもにぎやかです。

高校生カップルが「カミオカンデ」について語っていたり、中学生が「オデッセイ」を座り込んで読んでいたり、家族で「ホワイトパズル」を楽しんでいたり、

それぞれ自分たちの関心のあるところ、居心地のいいところを探して過ごしています。


そして、今日は第一回目の暗闇の中で行う実験「サイエンス イン ザ ダーク」を行いました。

理科ハウスのプラネタリウムドームは、真の「闇」になるように、外側に何重も幕をはってしっかり光を遮断しています。

隣の人の顔も、自分の手もわからないぐらい真っ暗です。


参加者に明るい状態でドームに入っていただき、3.2.1で明かりを消すと・・・

「*?@:#/ @@\!!・・・・」

全員が声を出して大騒ぎ。一気に不安になったのでしょう。

いかに私たちが視覚に頼っているかがわかります。


実験の内容はここには書けないのですが、

(初体験を楽しんでもらいたいのです)

初めての体験ばかりで、みなさんもう大騒ぎ!

集中力もはんぱありません。


美術部で絵を描いているという高校生が、「感覚が揺さぶられて、とてもおもしろかった」と言ってくれました。

みなさんも新感覚実験に挑んでみませんか。

次のサイエンスインザダークは、3月5日(日)午後3時からです。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月25日(土) (NO.730)


星のおねえさんがやってきた!


今日ははるばる、かわさき宙と緑の科学館から、星の解説おねえさんが来てくださいました!

いつもはでっかくて設備バッチリのプラネタリウムで解説をしている成瀬さん

こんなに小さくて手作り満載のドームで目の前に人がいるって、

きっとやりにくいだろうなあと思っていたら・・・

「たのしみ~。何度でも解説しますよー」と

始まる前からワクワクしてくださいました。


2時からのプログラムには申し込み多数のため2回やっていただくことに。

4時からもやっていただき計3回。

ドームから出てきた子どもも大人も

おもしろかったー」の声多数。

成瀬さんのやさしい語りかけにうっとりしたそうです。


成瀬さん自身も、

「いつもと違う体験ができて楽しかったです。ここに住みたい!」と帰り際に言ってくださいました。

成瀬さん、今日は本当にありがとうございました!

理科ハウス 森裕美子

         成瀬さんの優しい語り口に、ドームの中は別世界に!

---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月22日(水) (NO.729)


まちの科学館


「宇宙と文学展」が始まりました!

理科ハウスの入り口のガラス窓に、この案内↑を貼っています。

時々、通りがかりの方が立ち止まってそのポスターを見ています。

「宇宙」という文字をご覧になったからなのでしょうか、

たぶん近所にお住まいの方と思います。

入って来られて、

「夜にすごく明るく光っている星があるんですけど、あれは何という星ですか」

と質問されました。

今すごく光っているといったら金星にちがいありません。

明るくなっている理由を簡単に説明したらとても喜んで帰っていかれました。


ふらっと立ち寄って聞いてくださる方がいて、

「これこそまちの科学館!」

今日は「大学に合格したよ」の報告に来てくれた高校生も来て、うれしい一日となりました。


プラネタリウムでは毎週お話のテーマを変えて星の解説をやっています。

ちょこっと寄って行きませんか。

今年はプラネタリウム内で行う特別プログラムをたくさん用意しています。



宣伝費を節約しているため、多くの方にお知らせをお届けすることがなかなかできません。

このホームページを読まれた方、逗子近辺にお住まいのお友達におすすめしていただけると大変助かります。

よろしくお願いします。

理科ハウス 森裕美子

---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月16日(木) (NO.728)


「北極の天気と海氷をしらべる」 その後


今朝の朝日新聞の科学欄に「寒波予測 北極がカギ」という見出し!

おお、まさに日曜日に行ったサイエンスカフェのテーマではないですか。

ゲストの猪上淳さんから

北極圏の気象データを初期値として入れた場合と、入れなかった場合の

中緯度の気象予測の違いを見せてもらったばかりでした。


今、北極の観測は、世界の研究機関や観測機関が力を入れて、取り組んでいるプロジェクトであるとのこと。

猪上さんのお話を聞いて、

あまりに遠すぎて、なじめなかった分野の話が、

ぐんと身近に感じられるようになりました。

なんてタイムリーな!

総研大のみなさま、猪上淳さん、貴重なお話をありがとうございました。

あらためてお礼申し上げます。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月12日(日) (NO.727)


総研大カフェ 「北極の天気と海氷をしらべる」 国立極地研究所 猪上淳さん



今年は鳥取県などで例年にない大雪が降っています。

どうして?

北極海の氷の量になんか関係があるんとちゃう?

というのが今日のお話のテーマです。


猪上先生は「みらい」という名の海洋地球探査船に乗って、北極海の氷を調べに行った研究者です。

部屋の前に貼ってあるのは、なんか見たことないなあ、という地図。

中央に北極点があるから、日本は地図の端っこのほうに北海道がちらっと見えるだけ。

北極点には陸がなく海なので、そのあたりの気象のデータを取るのが大変なのだとか。


氷の下の海水の温度や氷の厚さも調査。

猪上さんの研究では、夏に北極の氷の量が少ない年には日本にドカ雪が降ったりするらしいです。

気象のためのデータの取り方はいろいろです。

ラジオゾンデという気象観測器を、地球全部で800個もの風船をつけて同時にあげているって知ってた?

それも一日2回!


猪上さんたちが調べているデータも気象予報のために使われているそうです。

今はコンピューターがすごい計算をして予報しています。

そしたら気象予報士は何やってんの?

小学生からのするどいつっこみには、みんな大笑い。


私達の生活を守ってくれる気象の予報は研究によって精度も上がっているのです。

猪上さん、興味深いお話をありがとうございました。

司会をしてくださった総研大の塚原先生、事務局のみなさまありがとうございました。

理科ハウス 森裕美子

 

 北極を中心にものを見たり、考えたりすること自体、すごく新鮮な感覚です

ホンモノのラジオゾンデ(気圧、気温、湿度、風向、風速の気象要素を測定する

無線送信機を備えた気象観測器。これに風船をつけて上空にあげる)も見せてもらいました。

(画像:山下千秋さん提供)

  理科ハウスのサイエンスカフェは、質問の勢いがはんぱないです!


 コーヒータイムのおともは、北極の氷をイメージしたわり氷というスイーツ。


こちらは、北極の塩分濃度に合わせて塩味を調節した寒天ゼリー。北極感がすごすぎる!

ベイビーズブレスさんの創作お菓子、冴えてます! いつもありがとうございます。


---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月11日(土) (NO.726)


ペリットの中身を調べよう


今日は、近所におすまいの田中さんが持ってきたモズのペリットを分析しました。

ペリットとは、鳥が一度飲み込んだ食べ物のうち消化できなかったものを塊にして口から吐き出したもの。

ワシやタカ、フクロウ、モズやカラス、カワセミなどのペリットがよく知られています。

ペリットを調べることで、鳥類が何を食べているのか、そして時期によって捕らえるものに変化があるのかを知ることができ、鳥類の食生活を知るための手がかりとして重要な資料となります。

実際のペリットはこんな感じ。

長さは2㎝ほど。

そもそも、こんな小さなものが落ちていても、とうてい見つけることはできないでしょう。

つまり、ペリットはめったにお目にかかれないレアものなのです。


ペリットを実体顕微鏡でのぞきながら、ピンセットで注意深くほぐしていきます。

昆虫の脚、翅などがぎっしり!

さすが、肉食のモズだけありますね。

さらに書画カメラで拡大して、図鑑とにらめっこ。

調べた結果、多かったのはバッタやコオロギのなかま、そして甲虫のなかまでした。


意外だったのは、樹上よりも地面をはう昆虫が多かったこと。

高いところからいち早く昆虫の動きをとらえるモズの敏捷さがうかがえます。


いや、モズもすごいけど、そのペリットを見つけ出す田中さんの方がもっとすごいかも!

田中和徳さん、いつも貴重な資料をありがとうございます。

理科ハウス 山浦安曇


バラバラになった体の一部から、種類を探しだす作業は、探偵のようで楽しい!

---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月5日(日) (NO.725)


オリジナルカードゲーム「元素カルタ」できました!


昨年の今頃のことです。

新元素113番の命名権の話がニュースになったとき、

「もしジャポニウムに決まったら、で始まる元素としては初めてだね」と話していました。

「他の元素はどうなんだろう。Jのようにまだ使われていないアルファベットはあるかな?逆にたくさん使われているアルファベットは?」とTくん。


みんなで調べたところ、思いのほかたくさんのバリエーションがあることがわかり、「これをゲームにしようよ!」ということになりました。

カードを作ってくれたのは、小5のTくんとFくんです。


ルールは簡単。

まず親があるアフファベットを読み上げます。そのアルファベットで始まる元素カードを誰よりもはやくとる!それだけ。

こうなると、ただの早とり競争じゃないかと思う方もいるかもしれませんが、そうはいきません。

当然、元素の番号と位置を知っている方がだんぜん有利です。

元素周期表を知っていなければ参加できない? そんなこともありません。

だれよりも早くとなると、視力の良さと運動神経の敏捷さも問われますからね。


さて、実際にやってみたところ、

盛り上がる、盛り上がる!まさにカード争奪戦。

結果は、1位は元素周期表をよーく知っている子。

そして、2位は元素はまったく知らないけどスポーツが得意な子でした!

さらに、途中で大学生から「元素クイズ」が出題されて、楽しく学べるオリジナルゲームができました。

まさに知力と体力の格闘技といってよいでしょう!

このゲーム、売れるかしらね。

理科ハウス 山浦安曇

1枚しかないカードに飛びつく中学生。そして、容赦なく両手でカードをとりまくる高校の理科の先生!

ニホニウムを取った人には得点あり。

---------------------------------------------------------------------------------

2017年2月5日(日) (NO.724)


かんたんな実験ほどむずかしい


今、博物館実習に来ているNさんの専門は化学。

何人か集まったときに、化学実験をしてもらっています。

簡単な実験だけど、「さて、次にどうなると思う?」と問われると

「えっ? どうなるんだろう」とみんな真剣顔。

高学年だと、「予想した理由」まで言うことができるので、議論がぐーんと深まります。

Nさんは他にも元素クイズもつくってくれました。

クイズも実験もみんなでわいわいやるのが楽しいっ!

9日(木)と11日(土)にもやりますよ~。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年1月30日(月) (NO.723)


元素周期表Tシャツ最新版 発売開始!


みなさん、お待たせいたしました!

背中に「Nh」(ニホニウム) のマークが入ったシャツができあがりました。

サイズはXS、S、M、L、XLの5種類。(男女兼用)

色は黒と紺です。

値段は税込みで2160円ととてもお求めやすい価格になっております。

理科ハウスでお買い物するもよし、またネット販売も承っておりますのでよろしくお願いいたします!

理科ハウス 森裕美子

---------------------------------------------------------------------------------

2017年1月29日(日) (NO.722)


進化するパズル


前月に実習に来ていたAさんがつくってくれたタングラムという図形パズル。

Hさんきょうだいが、これらのパーツを使ってオリジナルのパズルを作ってくれました。


一見、すぐにできそうだけど、

これが案外難しい。

「迷いポイント」がちゃーんとあるんです。

「1分以内でやること」としばりルールを設けるなど、なかなかのプロデュース力。


展示を作るとなると、

簡単すぎてもいけないし、難しすぎてもいけないから、けっこう頭使うよね。

でも、工夫しがいがあってすごく楽しい!

というわけで、みなさんもオリジナルのパズルを作ってみませんか。

その前に、Hきょうだいのパズルに挑戦しにきてください。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年1月28日(土) (NO.721)


ビリビリにビビらないための実験


周りではインフルエンザが流行っているようですね。

自分はまだ大丈夫と思っても、自分のクラスが学級閉鎖になったらおうちで静かにしているのが、無難ですよ。

それでも理科ハウスは元気に開館しております。


特に日曜日は実験ショーを行っているので、にぎわいます。

今はやっぱり「静電気ショー」でしょう!乾燥しているこの時期しかできませんからね。

静電気の実験が楽しいのは、「ものはなんでできているのか」という究極の不思議に触れることができるから。

目に見えない電気が、ダイナミックに動いているのが見えてきます!

今年は、今までにお見せしたことのない実験も行っています。

電撃ジュース

ハミルトンの風車

集中力養成マシン 静電イライラ棒

静電気アルコール爆発 などなど

静電気で痛い思いをしないですむ方法もご紹介しています。

これまで以上に楽しい静電気実験を、見にきてください。

理科ハウス 山浦安曇

---------------------------------------------------------------------------------

2017年1月16日(月) (NO.720)


ご支援ありがとうございます


先日7日のサイエンスレクチャーを行ったときの写真を見て気づかれた方がおられるでしょうか。

いままで使っていたプロジェクターではなく、新型のものとさらにその横に書画カメラが置いてありました。

これは、いつも理科ハウスに来てくださる渡邊裕さんが、理科ハウスのために買ってくださったものです。

買えばかなりの高額品です。

古いプロジェクターはもう10年以上使っていたので新しいのがほしいと常々思っていたところでした。

渡邊さんは昨年末に理科ハウスを支援したいと申し出てくださいました。本当にびっくりしました。

「ほんとにいいんですか?」と何度も聞いてしまいました。

申し出てくださった金額があまりに高額だったため、相談してこの二つを買うことにしました。

大事にかつ有効に使いたいと思っています。

サイエンスレクチャーでは大活躍してくれることでしょう。

夢って願っていると叶うもんなんですね。

渡邊さん、本当にありがとうございました!


渡邊さんの支援は他にもあります。

それは理科ハウスのことをたくさんの方に紹介してくださることです。

本当に嬉しいですね。


支援の仕方はいろいろあっていい、ちょっとしたお手伝いや差し入れも大歓迎。

あっ、すでにたくさんの方からしていただいていました。


でも、渡邊さんの申し出はあるヒントを私に与えてくれました。

この先、理科ハウスを長く続けていくためには、たくさんの方のお力を借りることになるかもしれません。

みなさんが同意してくださったら・・・の話ですが。

理科ハウス 森裕美子

スクリーンの近くに置けるのでとても便利。大切に使わせていだきます!

----------------------------------------------------------------------------------

2017年1月12日(木) (NO.719)


大道芸?いえ、物理実験です!


今日は、新年ということで日本の大道芸「皿回し」をやりました。

いや~ここだけの話、私(山浦)はあまり上手じゃなくてですね、人に教えられないんです。

今日来た子どもたちも、はじめは「むずかしいなあ」と言っていたのに、

あれよあれよという間に、くるくる回せるようになりました。

すごいなあ。

ただ回すだけじゃなくて、

上に投げて、棒の先でキャッチしたり、

お皿を何枚も重ねて回したり、

指先で回したり

3枚同時に回したり

次から次へと芸を身につけていくのです。

子どもたちの勘の良さにはかないませんね。


ダイススタッキングに挑戦したSくんは、何回も練習しているうちに、完全にマスター。

今や大道芸の「お手本」として活躍しています。

いったい理科ハウスなにやってんの?

これもりっぱな物理実験です!

理科ハウス 山浦安曇

----------------------------------------------------------------------------

2017年1月8日(日) (NO.718)


電磁実験スピーカーをつくろう!


今日は逗子文化プラザ市民交流センター主催の親子実験教室です。

作ったのは学研の大人の科学シリーズから「電磁実験スピーカー」。


なんだか難しそう?

いえいえそんなことはありません。

だいたい1時間くらいで作れちゃいます。

このキットは近い将来、電気を無線で送る時代がやってくることを教えてくれます。

たとえば、スマホは充電するときケーブルを使って充電しています

けれどもそのケーブルがいらなくなるのです。

もうすでに実用化されているのでご存知の方もおられるでしょう。

いったいどうやって電気を送っているの?

それを教えてくれるのがこのキットです。


ポイントは「コイル」です。

なんでコイルが大事なのか、不思議ですよね。

みなさんにわかりやすく紙芝居を使って壮大な電気科学史をお伝えしました。

実験も入れながらだったのでよーくわかったのでは。

電磁調理器を使った実験もドキドキしましたね。


親子で助け合ってキットを作っている様子がとても素敵でした。

いろいろな遊び方ができると思うのでぜひ家で続きを楽しんでくださいね。

参加してくださった方々、市民交流センターのスタッフのみなさん、イクリエラボさん、ありがとうございました!


イクリエラボのFB報告はこちら

逗子市民交流センター 「ずしコト」の報告はこちら

理科ハウス 森裕美子

音楽のリズムに合わせて、LEDが光ったり、魚型のライトがちょこちょこ泳いだりする楽しい装置です。

親子で協力しあって楽しく工作。お隣の家族同士、教えあう場面も。

------------------------------------------------------------------------------

2017年1月7日(土) (NO.717)


実験で楽しむ宮沢賢治の世界


今日は石川県金沢からはるばる新幹線に乗って四ヶ浦弘先生が来てくださいました。

四ヶ浦先生は理科ハウスに影響を受けて「金の科学館」を作ろうとしています。

今は出張講座がとても多いので石川県に常駐できず、まだ開館には至っていないのですが、そのうちきっと実現されると思っています。

小さい科学館は人手が足りないのでなかなか苦労があります。

四ヶ浦先生は「歩く科学館」とも言えるかな。

科学館にもいろいろなタイプがあっていいですよね。


さて、今日のテーマは宮沢賢治と科学。

難解な宮沢賢治を先生はどんな風に解釈するのかとても楽しみでした。

宮沢賢二にかかわることになったいきさつから熱く語る四ヶ浦先生。

「賢治になったつもりで実験を楽しむことで、感覚的にその世界が理解できますよ」

「ほら、きれいな色でしょ。きっと賢治もこの美しさを共有したかったんじゃないかな」

実験も交えてあっという間の2時間でした。


おまけで持ちネタの「銀のさびをあっという間にきれいにする方法」もお披露目してくれました。

化学実験は変化がはっきりわかり、あっと驚かされます。


四ヶ浦先生の著書をはじめ、実物の金属が貼ってある周期表、砂金ボトルなど化学が楽しめる商品も少し分けていただきました。

数がすくないのでほしい方は早めに理科ハウスに買いに来てください。

四ヶ浦先生、ありがとうございました!

理科ハウス 森裕美子


「賢治の作品って、よくわからないよね~」と自然体で語る四ヶ浦先生。


四ヶ浦先生の実験を、みんなで立ち上がってみています


水晶とガラスはどうやって見分ける?


四ヶ浦先生の著書「実験で楽しむ 宮沢賢治サイエンスファンタジーの世界」理科ハウスで販売しています


2階に、賢治と科学を結び付けた展示を作りました。この日のために準備した一日だけの展示。「賢治+色」のコーナー。


賢治の作品には気象現象がたくさん出てきます。窓辺には「賢治+雲」のコーナー


そのほか、「賢治+香り」、「賢治+月」、「賢治+鉱物」、「賢治+鳥」など、詩と図鑑や本物の鉱物を並べて、楽しんでいただきました。 


おやつは、今回もベイビーズブレスさんの創作クッキー。炎色反応ー硫黄は青、銅は青緑。材料として、硫黄を多く含む食品としてニンニク、銅を多く含む食品として抹茶、緑茶ナッツ、干しブドウ、黄粉を使用。馬は、「栗鼠と色鉛筆」の中に「緑いろのサラアブレッド」という言葉が出てくるので関連付けて。ベイビーズブレスさんのお菓子はいつもお楽しみがいっぱいです。

------------------------------------------------------------------------------------

2017年1月3日(火) (NO.716)


あけましておめでとうございます。

今年の正月は暖かい天気が続いて過ごしやすかったですね。

さぞ多くの方が初詣やお買い物に出かけられたことでしょう。


理科ハウスは長いお休みをさせていただいていて、通常の開館は10日からとなります。

学校の冬休み中に来ようと思っておられた方、本当にごめんなさい。

7日と8日のイベントのために部屋をセッティングしてしまったために、今年はいつもより遅い開館日となってしまいました。


また、毎年行っているプラネタリウムドームの組み立ては2月中旬を予定しているので、

星の解説は21日からになります。

たくさんのご来館をお待ちしています。


今年は理科ハウスを始めてからいよいよ10年目を迎えます。

いつまで続けられるかわからない年齢になってきました。

「気が付いたら理科ハウスが閉館!」になっているかもしれません。

ぜひ早目のご来館を!

あなたとお会いできるのを楽しみにしています。

理科ハウス 森裕美子

--------------------------------------------------------------------------------------------------

2017年1月1日(日) (NO.715)

あけましておめでとうございます

    著作権とリンクについて