トップページ理科ハウスの想い事業案内スケジュールショップ日記交通案内






展示物がたくさんあり、自分で触って体験できるものがあります。

展示を通して、理科の本質的な学びができます。

理科をすでに学習している方のほうが楽しめます。

顕微鏡があり、いつも使うことができます。

実験ショーをして、みんなで結果を予想します。

わからないことは、スタッフがやさしくお答えします。

理科に関する疑問をみんなで考えます。






科学の話なんてむずかしそう・・・」などと思っていませんか。

理科ハウスのサイエンスレクチャーは、市民と科学者が向き合って楽しく科学を語り合う場です。

普段から疑問に思っていること、学校の授業でわからなかったこと、最先端の科学の話など、教室や講演会とはちがった雰囲気で科学を楽しみましょう。

 お知らせはスケジュールのページでお知らせしています。



「うんち」、「キッチン」、「右と左」、「昼と夜」など、身近なテーマで科学を楽しむ企画展。

年に数回、不定期で行っています。

企画展アーカイブは現在工事中です。







森 裕美子 もりゆみこ ・・・ 理科ハウス館長

大坂に生まれ育つ。現在、神奈川県逗子市在住。

38歳のとき、子どもと遊んだスライムづくりがきっかけとなり、家庭でできる科学あそびをミニコミ誌「なるほどの森」で紹介してきました。インターネット版「なるほどの森」はメディアにも取り上げられ、多くの人に利用していただいています。また、学校や図書館で科学実験を紹介するほか、2005年からはサイエンス道場を開場し、定期的に科学遊びを実践してきました。科学読物研究会、三浦半島活断層調査会 会員。

著書に「科学で遊ぼう なるほどの森」(草土文化)、「作る・見る・調べる わくわく実験室」(MPC)など。


山浦 安曇 やまうらあずみ ・・・ 理科ハウス学芸員

神奈川県葉山町育ち、現在も葉山在住。

三浦半島昆虫研究会、コウモリの会 会員。展示づくりが得意。カッターとはさみとスプレー糊が、私の三種の神器。

著書に、「ワークだいすきアンパンマン 1~7」(フレーベル館)、プレネオブックス「きせつの草花あそび」、「きせつの行事あそび」(小学館)など。

           2008年5月撮影









■2018年10月19日 逗子葉山経済新聞 掲載

■2018年9月19日 日本経済新聞 掲載

■2018年7月 「博物館研究 平成28年7月号」(日本博物館協会)に寄稿

■2014年3月15日 第10回小柴昌俊科学教育賞 理科ハウスが優秀賞に選ばれました。(日記1) (日記2)

■2013年4月15発行 『地域を変えるミュージアム』玉村雅敏編著 慶応大学SFC研究所 場づくりマーケティング・コンソーシアム(英治出版)に掲載









  このページのトップへ


   著作権とリンクについて