トップページ理科ハウスの想い事業案内館内ツアースケジュールショップ日記交通案内お問い合わせ

写真と葉書で綴る 石原純の生涯

 4.留学時代

明治45年6月5日 ドイツ、ミュンヘンにて

左から 小出満ニ、石原純(31歳)、藤本幸太郎

                  (理科ハウス所蔵)

 ドイツからシベリア経由にて

 仙台の妻・いつ(逸子)に宛てた手紙

 明治45年6月10日付、届いたのは7月12日
 (理科ハウス所蔵)

 純は国費留学生として2年間、西欧で学びました。1年目はドイツ、ミュンヘンにてゾンマフェルト教授の下で、2年目にはスイス、チューリッヒでアインシュタインの下で相対性理論、量子論などの研究を行いました。

 留学中は、山田耕筰、島崎藤村、河上肇らと交流がありました。