トップページ理科ハウスの想い事業案内館内ツアースケジュールショップ日記交通案内お問い合わせ

写真と葉書で綴る 石原純の生涯

 5.純の家族

       

前列左から 紘(ひろし・長男)、いつ(妻)、

統(おさむ・次男)、綏代(やすよ・次女)、

雅代(まさよ・長女)

後列左から 千代(家事手伝い)、純

大正6年 仙台にて  (理科ハウス所蔵)

純から紘(ひろし・長男)への葉書、ローマ字で書いている。

『山の中の朝と夕方は寒いくらいです。
谷を流れる水の音がよく雨の降っているように聞こえています。ばこちゃん(綏代)、おちゃちゃん(統)へよろしく。 8月16日とうさま』  (理科ハウス所蔵)

 明治44年、東北帝国大学理科大学助教授に任じられ、家族で仙台に転居しました。西欧留学から帰国した後、教授となり大正8年、相対性原理万有引力論文量子論の研究に対し恩賜賞・帝国学士院賞を受章しました。