トップページ理科ハウスの想い事業案内館内ツアースケジュールショップ日記交通案内お問い合わせ

写真と葉書で綴る 石原純の生涯 

 6.阿佐緒との恋

        

千葉県保田に新築した家、紫花山房(荘)の前の

純と阿佐緒

大正12年~昭和3年頃、詳細な日時は不明

                (鋸南町教育委員会所蔵)

    保田の純から雅代(長女)への葉書

    大正11年6月11日  (理科ハウス所蔵)


 仙台に住んでいた大正6年末、純は原阿佐緒(はらあさお)に出会い恋に落ちました。阿佐緒には他に好きな人がいましたが、純の強い説得の末、千葉県保田でいっしょに暮らすことになりました。

 大正10年7月30日この恋愛について大きく新聞報道されたため、純は東北大学を休職した後、辞職しました。