トップページ理科ハウスの想い事業案内館内ツアースケジュールショップ日記交通案内お問い合わせリンク

写真と葉書で綴る 石原純の生涯

1.幼少期

      

左から純、謙(弟)、量(父)、つゆ(妹)

(理科ハウス所蔵)

石原量から母しんへの葉書 明治23年2月14日

                  (理科ハウス所蔵)  

 石原純は明治14年(1881年)、1月15日、東京市本郷で生まれました。父・量(ひとし)は本郷教会の牧師でした。母・ちせは病のため純が6歳のときに亡くなり、その後母代わりだった祖母も4年後には亡くなってしまいました。

 兄弟は1つ違いの弟・謙と4つ違いの妹・つゆがいました。

 小学校高等科を経て、郁文館中学校を卒業したあと、18歳のとき、第一高等学校理科に合格、入学しました。父はある事情で牧師を続けることができなくなったため経済的には裕福ではありませんでした。